葬儀の基礎知識とは?

最近、父が葬儀のことについて調べています。
今後、葬儀の喪主を引き受ける可能性があるので、色々考えているのだと思います。
葬儀で一番気になるのは料金ですよね。
葬儀社によって異なると思いますが、平均的な相場は200万円なのだそうです。

葬儀の費用には大きくわけると3つあります。
葬儀一式費用・寺院費用・接待飲食費用の3つです。

葬儀一式費用は遺体のお迎えと搬送・通夜・葬儀式・告別式・火葬・骨上げなどの葬儀を執り行なうときに必要な費用の事です。

寺院費用は読経料・戒名料などのことであり、費用は寺院や教会によって大きく異なります。
平均的には50万円前後かかるそうです。

そして最後に接待飲食費用です。
接待飲食費用は料理や飲み物・会葬返礼品などの事です。
会葬者の人数や内容によって金額も異なります。

葬儀の費用といっても色々掛かるのですね。
葬儀の費用は状況によって上がってしまうことも多々あります。
調べてみると、病院や警察でなくなった場合、葬儀社を紹介してくれるそうなのですが、紹介された葬儀社から契約を急がされたりすることがあるそうです。
安易に契約してしまうと費用が高くなる場合があります。
慌てて契約せず、他の葬儀社と比較した方が良いそうです。
費用が加算してしまう原因として、棺や参列者に振舞う料理・返礼品のグレードアップすることや、寝台車や霊柩車の費用に含まれている距離上限を超えてしまうと追加で請求が発生することもあります。
葬儀を安く抑えるには、やはり事前の調査が必要になります。
故人が亡くなってから慌てて準備すると費用面以外のところでも納得できない形のまま葬儀を依頼してしまうということもあるそうです。
しっかり調べておくと、より納得のできる葬儀ができますね。
また、社葬については故人の為、企業の為の社葬の行い方を確認すると良さそうです。