葬儀の記録について

先日部屋の片づけをしていた際に、祖父の葬儀の写真が出てきてきました。
祭壇と遺影を写した写真でした。
その当時、葬儀の写真って珍しいなと感じたのを覚えています。
結婚式のようなおめでたいことならわかりますが、悲しい葬儀では写真を撮ることはあまり良くないと思っていました。
ですが、最近では葬儀でも 写真を撮っている方も多いのだそうです。
祭壇の前で集合写真を撮るということも結構多いのだそうです。
調べてみたところ、葬儀社で写真のサービスもあるのだそうです。
そのサービスは、葬儀の最中や祭壇の状態、お別れの様子などを撮り、撮った写真を整理しアルバムにして喪主家に渡すというものです。
ですが、葬儀社にお願いすると、割と高額のため親しい友人などに、写真を撮ってほしいと遺族から頼まれることもあるのだそうです。
写真を撮る際には、何点か注意が必要です。
写真を撮る際は、遺族や参列者の悲しい顔を撮るというよりも、葬儀を記録する目的なので、写真の対象を遺族や参列者を中心にするのではなく、祭壇や式の様子などを撮るようにします。
葬儀で写真やビデオをとる事はマナー違反ではないのです。
ですが、遺族の中には写真を撮られたくない方もいるので注意しないといけません。
写真やビデオ撮影は、参列者の顔や、祭壇等をあとから見ることも出来ますし、「この人も参列してくれたな」など、当日気が付かな かったことも確認できるというメリットもあります。
葬儀の写真への考えは人によって様々ですが、記録と残しておくのも今後の参考になるのかもしれないですね。